太陽光発電

2012年3月 3日 (土)

平成23年度太陽光発電補助金

先日取り付けた御門町の太陽光発電システムsun

4.3kwの太陽光発電を付けると、

いくら位の補助金が出るのかsign02

平成23年度の補助金の概要は以下の通りです。

国       : 48,000円/kw  48,000円×4.3kw=206,400円

秋田県    : 30,000円/kw  30,000円×4.0kw=120,000円

由利本荘市 : 20,000円/kw  20,000円×4.0kw=80,000円

となります。県と市は補助金上限が4.0kwまでなのでこのようになります。

合計しますと 406,400円の補助金が還ってきます。

今の価格ですと、太陽光発電システムのkw当たりの単価は

550,000円/kwくらいだとすると、

4.3kw×550,000円=236.5万円-40.64万円=195.86万円

となります。

結構、補助金の効果って大きいですねflair

でもここで注意しなければいけないのが、

もちろん予算のあることなので、無くなればそこで終了です。

平成23年度の補助金制度も、国を除いて、県や市も終了しました。

なので、4月からの平成24年度の制度に期待したいところですが、

年々目減りしている補助金額sweat01

いちばん身近で手ごろな自然エネルギーの導入を後押しするためにも、

ぜひ、制度の継続を期待したいところですsign03

由利本荘市情報もどうぞ!

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 由利本荘情報へ
にほんブログ村

shineいつもありがとうございますshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月21日 (火)

太陽光パネル取付・御門町

御門町のS様邸には太陽光も導入頂きましたsun

しかし、連日の悪天候と、屋根への積雪で

なかなか取り付けのタイミングがとれませんcrying

それでも好天を見計らって、太陽光パネルの設置工事ですwrench

今回ご採用いただいたのは、

メーカー:パナソニック 

出力:4.3kw (215w×20枚)

の最新式ソーラーパネルです。

パナソニックといえば世界最高水準の変換効率で、

多少の曇り空でもグングン発電します。

もちろん雪の多い秋田県でも何も問題ありませんgood

008

009

これがソーラーパネルです。

一枚の寸法が、幅1580 奥行812 で

4段5列の計20枚が敷きつめられます。

こちらが取り付け金具の設置状況です。

010

そして、あっという間にパネルが取りついちゃいましたcoldsweats01

ほんの少し現場を離れてしまって、戻ってみたらこんな状態に。

018

さすが熟練の職人さん!仕事が早い!!

ソーラーパネル設置完了です。

003

お日様がキラキラとパネルに当たっていますsun

せっかくのお天気もなんかもったいない気がしますが、

とりあえずこれでパネルの設置は完了です!

なんとここまで一日で終わってしまうのです。

下から見上げるとこんな感じです。

019

あとは電気工事や内部のケーブルの工事など残っていますが、

天気の心配をしなくてもいいので、安心ですねshine

さて次回の記事では、太陽光の補助金についてお話しいたします。

今回の4.3kwの設置で補助金がいくらもらえるのか・・・?

次回に続きますnote

由利本荘市情報もどうぞ!

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 由利本荘情報へ
にほんブログ村

shineいつもありがとうございますshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月22日 (水)

太陽光発電、その後

今日は夏至。

一年の中で一番日の長い日ですsun

秋田地方も昨日梅雨入りしましたが、

梅雨の晴れ間が太陽をのぞかせていますshine

そこで今日は太陽光発電のお話し。

今回の原発不安で、自然エネルギーがとても注目されています。

特に身近なところで太陽光発電があります。

当社も3年前から本格的に住宅用ソーラー発電を推進してまして、

現在まで、5棟の実績があり、最近では補助金制度や、倍額買取制度で、

ますます増えていく見通しです。

そして今日は、2009年12月に設置したU様邸のデータをご紹介したいと思います。

導入の際には、シミュレーションなどを使ってお客様にご説明するのですが、

なかなか、設置後の生データを公表するというのはあまりないので、、、

というより初めてですcoldsweats01

別に隠していたわけではありませんが、

この辺りはメーカーもあまり積極的には出してないかも・・・

よくネットとかではたくさん出てくるのですが、身近な(秋田県由利本荘地域)となれば

ほとんど無いのではないでしょうか?

というわけで今回はドドーンと見せちゃいます( ^ω^ )

≪設置条件は以下の通り≫

場所:秋田県由利本荘地域

容量:4.32kw 真南 約26.5°

メーカー:シャープ製 160W ×27枚

設置:2009年12月

この条件で昨日、どれくらい発電しているか見てきました。

026

これは総発電メーターといって、設置から今までの発電量がカウントされています。

これを見ると6518kw/h。

設置から本日まで約19カ月ありますので、

1ヶ月に換算すると、約343kw/h

1年で約4116kw/h となります。

つまり1年間の発電量は4116kw/hとなり、金額に換算すると、

現在の余剰電力買い取り価格は48円/kwなので、

4116kw×48円 = 197,568円となります。

このお宅の設置費が約200万円(補助金等差し引いて)でしたので、

シミュレーション通り、約10年で元が取れるということになります。

もちろんすべての発電した電気を売っているわけではなく、

普段使っている電気量から相殺され、さらに余った分が売電されます。

027

これがそのお宅の売電メーターです。

3954kw/hと表示されています。

つまり今まで189,792円売ったということです。

このように売電メーターはそのお宅によって電気の使い方が違うため、

売電量はあまり比較になりませんが、総発電はとても参考になります。

これからの電力事情や、原発問題を抱える今、

ますますソーラー発電の役割は大きくなるでしょう。 

由利本荘市情報もどうぞ!

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 由利本荘情報へ
にほんブログ村

shineいつもありがとうございますshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月14日 (木)

平成23年度 太陽光発電補助金

今年度も太陽光発電の補助金が決定いたしましたsun

概要は以下のとおりです。

国(J-PEC)

48,000円/kw

秋田県

30,000円/kw

由利本荘市

20,000円/kw

となっており、いずれも4月中旬以降からの募集受付開始となっています。

それにしても、まあ、予想どおりといいますか、

昨年に比べ50億円も予算が引き下げられているのにも関わらず、

設置数はどんどん増えている現状。

そのため、補助金額を引き下げるのは当然だといえます。

それなのに『温室効果ガス25%削減』などと、よくも言ったもんですsweat01

今回の大震災で電気の大切さを改めて知りました。

太陽光発電などの再生可能クリーンエネルギーの普及は

ますます大事になっていくんではないでしょうか。

由利本荘市情報もどうぞ!

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 由利本荘情報へ
にほんブログ村

shineいつもありがとうございますshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月28日 (日)

由利本荘市 太陽光発電補助金のご案内

前回お伝えした由利本荘市の太陽光発電補助金の情報ですが、

3月23日の市のHPで正式に案内がありました。

概要は前回お伝えしたとおりですが 過去ログ 由利本荘市「太陽光発電補助金」

注目すべきは、やはり国と県の動向です。

といっても国が7万円、県が5万円

という情報はかなり有力に聞こえてきているのですが、

いまだ正式な発表はなされていません。

おそらくここ数日でなんらかの動きはあると思うのですが。。。

いずれにしましてもこの情報が正しければ、

国、県、市を併せて 16万円/kw 

ということになります。

上限が4kwまでなので最大64万円が補助されますflair

詳しくは由利本荘市のホームページへ

平成22年度「住宅用太陽光発電システム設置補助事業」のご案内

ポチっと応援お願いいたします!

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 由利本荘情報へ
にほんブログ村

shineいつもありがとうございますshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月10日 (水)

由利本荘市「太陽光発電補助金」

ついにと言いますか、ようやく由利本荘市でも

『太陽光発電設置補助金事業』(仮称)

が始まります!

いままで国の補助や秋田県での補助はありましたが、

市町村単位で、秋田県内の地方自治体が

独自に施行しているところは

秋田市と横手市と大潟村のみでした。

それがついに由利本荘市でも始まるということで、まずはお伝えいたします。

概要は以下の通りです。

1、施行開始日  平成22年4月1日から

2、補助金額    4万円/kw 上限4kwまで

となっておりまして、補助要件は

平成22年度の国の補助金交付決定が条件となっております。

じつはここがポイントで、現在、国のほうでは平成21年度の補正予算で

7万円/kwの補助金を受け付けております。

県のほうは終了しておりますので、今年度中(今月末)は設置すると、

国の補助金は受けられますが、

県と、これから始まる市の補助金は受けられません。

そしていまだ、平成22年度(4月以降)の

国と県の補助金事業は何も決まってないのです。(3/8現在)

それなのに、市では国の平成22年度の補助金交付が条件とあるので、

実はもう決まっているのかも知れません。

まあ、政府予算案では平成22年度の住宅用太陽光発電システムの設置補助金

として401億円が閣議決定されましたので、

ほぼ今年度と同様の補助金が受けられると思っています。

なのであとは秋田県の補助金事業がどうなるかですが、

とりあえず今は来年度(4月以降)の設置を検討したほうがいいのかもしれません。

そして、うまくいけばこれも国・県・市のトリプル補助が受けられる可能性が出てきました。

ぜひ、いまこの機会にリフォームと併せて太陽光発電も考えてみてはいかがですか?

ポチっと応援お願いいたします!

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 由利本荘情報へ
にほんブログ村

shineいつもありがとうございますshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 6日 (金)

追加メーター設置

9月に申請していた秋田県の太陽光発電補助金の

交付決定が来ましたので、交付条件である

「総発電電力量計」の取付を行いました。

これは屋根に太陽光発電を設置してから、

どれだけ発電しているか計るためのメーターです。

これを付けることによって、太陽光発電による純発電量がわかるわけです。

そしてそれを毎月、県に報告することで、

県は地域ごとの詳細なデータが、得られるという仕組みです。

1キロワット当たり6万円の補助はやっぱり大きくて、

あっいう間に申請受付は終了しましたが、

来年度もぜひ継続してもらえればいいですね~sun

025

ポチっと応援お願いいたします!

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 由利本荘情報へ
にほんブログ村

shineいつもありがとうございますshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

太陽光発電 倍額買取開始

早いものでもう11月です。

今年もあと2カ月となりましたが、、、、早いなぁsweat01

こんな感じで今年も過ぎていくのでしょうか。

そして今日は朝から冷たい雨rainが降り続いていますが、

本日11月1日から太陽光発電の倍額買取が開始されます。

いままでは発電で余った電力は電力会社が自主的に買い取ってくれていましたが、

これからは1kw当たり24円程だった買い取り単価を、倍の48円程で

10年間買い取るよう義務化されました。

その目的は、価格を2倍にすることで設置による費用の回収期間を短縮させ、

さらなる普及を促すためです。

しかし、その倍になった電力買取の負担は電力会社で補うことになるので、

結局は我々国民が普段の電気料金に30~100円程度の上乗せがされます。

私はこれを「太陽光サーチャージ」と勝手に言っているのですがcoldsweats01

どうしても不公平感は否めないですね。

だって、太陽光を付けてない家庭まで徴収されるのですから。

まずは国民に負担を強いる前に、政府や電力会社でもっと努力すれば

また別の方策もあったのではないかと思いますが・・・

ポチっと応援お願いいたします!

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 由利本荘情報へ
にほんブログ村

shineいつもありがとうございますshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月22日 (木)

太陽光秋田県補助金終了

10/19で秋田県の太陽光発電補助金の申請の受付を終了したようです。

当初、200件の予定だったらしいのですが、

上限を予算枠まで拡充したため、220件程で申請受付を終了したそうです。

8月から始まった秋田県の補助金制度でしたが、やはり早々の終了となってしまいました。

国のほうも順調に申請数を伸ばしているみたいですね。

こうなると来年のことが気になってくるわけですが、国も県もまだ何も決まってません。

そもそも政府案としての方針がまだ決まってなく、予算もこれからでしょうから

仕方ないのですが、先の気候変動サミットで鳩山首相が明言した

『温室効果ガス25%削減』の達成には、

住宅用太陽光発電の普及は必要不可欠なわけで、政府としても何かしら対策を

立ててくることと思います。

来週は、にかほ市でご依頼を頂いた新築住宅に、太陽光パネルを設置予定です。

洋風瓦と太陽光パネルの美しいコントラストが今から非常に楽しみです。

レポートはまた後ほど♪

ポチっと応援お願いいたします!

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 由利本荘情報へ
にほんブログ村

shineいつもありがとうございますshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月22日 (土)

太陽光発電 買取価格が倍に!

8月20日に総合資源エネルギー調査会(経済産業相の諮問機関)の小委員会で、

太陽光発電の余剰電力買取制度を今年の11月にも一般家庭から、

1キロワット時当たり48円で10年間の買い取りを始めるそうです。

現状、1キロワット時当たり23~25円程度なので倍になる見通し。

合わせて国や県による設置補助金制度もありますので、

これにより太陽光発電のコストの償却期間(元をとる期間)が

約10年程度に短縮されるものと思います。

10年で元が取れるとなると、いままで敬遠していた方たちも

現実的に考え始めると思います。

太陽電池パネルそのものの寿命が25~30年。

計器類が10年くらいで交換としても、

その後は発電するたびにプラスになるわけですから!(誇張しすぎ?coldsweats01

いずれにしても太陽光発電をすでに設置されている方、

これから設置を考えている方には喜ばしいニュースでありましたsun

ポチっと応援お願いいたします!

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 由利本荘情報へ
にほんブログ村

shineいつもありがとうございますshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)